結婚式の御祝儀!気をつけるべきこととは?!

紙幣の枚数に注意?!

結婚式の御祝儀を渡す時、金額や紙幣の枚数を偶数にすることは裂けましょう。偶数は二つに綺麗に分かれるので、夫婦が別れるということがイメージ関連付けられてしまうため、良くないのです。また、4や9も縁起が良くない数字だと言われることが多いので、避けた方が良いでしょう。もし金銭的な事情により2万円渡すことになった場合、1万円札を包み、もう一つ5000円札を2枚、別で包むという工夫をして、一緒に渡すと良いです。

お金は新札で入れる向きにも注意?!

結婚式で渡す御祝儀は、二人のスタートを祝うためのものなのです。そのため、新札を包むことがマナーとされています。もし、新札が用意出来なかった場合は、紙幣の上に薄い布を被せ、上からアイロンをかけることで、シワが目立たなくなります。また、御祝儀を包む時の中袋にお金を入れる時は、表向きに入れるようにしましょう。また、人物が印刷されている方が上に来るように袋に入れるようにすると良いです。中袋に名前と住所を記載することも、忘れてはいけません。

御祝儀はどうやって持っていく?!

御祝儀を結婚式場などに持っていく際、そのままカバンなどに入れてしまうと、折れてしまったり汚れてしまうことが考えられます。汚れや折れを防ぐためにも、袱紗に包んで持っていくようにしましょう。また、結婚式は祝いの儀式なので、袱紗の色は、赤や朱色などの明るい色のものを選ぶようにしましょう。袱紗を使って持ち運ぶことで、丁寧なイメージを与えることもできます。御祝儀を受付で渡す際は、本日はお詣でとうございます、などと一言添えて渡すと尚良いでしょう。

長崎の結婚式場のスケジュールは、各式場の公式サイトなどに大々的に掲載されることがあり、早期にプランを決めることが有効です。