そのスーツで大丈夫?! 結婚式での男性ゲストのスーツ

服装はマナーです!!

20代半ばあたりになると、そろそろ周囲が結婚式を挙げだしますよね。女性の場合は華やかなドレスに身を包みますが、男性の場合、特に20代中盤の比較的若い世代はどのような服装で言ったらいいのか分からない。いつも来ているスーツでも大丈夫だよね、とマナーをよく知らない方をちらほらと見かけます。そう、服装はマナーなのです。そして新郎新婦の親族やそのほかのゲストはあなたの見た目から新郎新婦の人となりを推測してしまいます。せっかくのお祝いの席なのできちんとマナーを守った服装で参加しお祝いしたいですよね。

ビジネススーツはやめましょう

結婚式に参加するにあたり、最低限ビジネススーツは避けましょう。社会人なら、冠婚葬祭用の礼服を用意するのは常識です。それにせっかく晴れやかな結婚式です。いつものくたびれたスーツを着ていくのは、マナー云々の前に場違いなイメージは漠然と持たれると思います。結婚式の時間帯や披露宴の会場、そしてあなたの年齢によってふさわしいとされるスーツは微妙に異なります。格式を重んじる披露宴ならばそれらのルールやマナーを守るべきですが、最近は徐々にカジュアルな披露宴も多くなりそれに伴い服装に関しても明確な境界線がなくなりつつあります。じゃあ、どんなスーツがいいのかと思われるかもしれません。一番無難なのは、礼服です。冒頭でも触れた通り社会人ならば、礼服をそろえるのは常識です。よほど格式高い披露宴ではない限り、礼服ならばマナー違反にはなりません。

少しおしゃれしたいならスリーピーススーツ

それでも披露宴は華やかな場。女性ゲストが華やかな衣装を身にまとっているのに対して、基本的に男性ゲストはスーツ一択です。そんな中周囲と少し差が出るスーツとしてお勧めなのが、スリーピーススーツです。スリーピーススーツとはスーツの下にベストを着こんだものです。スーツの中にベストを着るだけでぐっと引き締まって、印象も華やかになります。結婚式のルーツをたどれば男性ゲストはスリーピーススーツが基本です。マナーを守り、かつおしゃれができるものとしてスリーピーススーツは選択肢の一つだといえます。服装、マナーはもちろん大事です。ですが、一番大事なのは披露宴の主役である新郎新婦をお祝いする気持ちです。服装やマナーはそれを形にした一つのツールです。お祝いの気持ちを忘れずに、マナーを守って気持ちよく新郎新婦を祝福してくださいね。

天神の結婚式場のサービスに注目をしたい時には、ブライダルフェアなどの試みを積極的に活用することが効果的です。