もめ事がおきにくい結婚式の招待客の決め方

呼ばれたら自分も招待しよう

友人や職場関係で結婚式に呼ばれたら自分の時も招待するのが常識です。なので、その招待した人にとってみたら自分も招待されると思っています。もし、自分が招待されなかったらのけ者にされた、と思われてしまいます。例えば学生時代すごく仲がよかったけどそれ以来連絡を1年に数回しか取っていない、全然会っていないという場合は招待すると招待された側も「何年も会っていないのに?」と戸惑ってしまいます。招待する人数にも制限があるのでやみくもに招待するのではなく今お付き合いのある人を優先して決めましょう。

職場での招待客は付き合いを優先に

職場での人間関係は仕事を円滑にするためにとっても大事ですよね。なので、結婚式に招待する人は上司を優先にしましょう。もし、どの人を招待すれば迷った場合は最近結婚した人に相談してみると参考になりますよ。どうしても席に限りがあるので、呼びたくても呼べなかった同期や仲のよい人は、少人数で挙式はしたいから申し訳ない、という気持ちを1人1人に伝えてそのかわりに二次会で招待するといいですよ。堅苦しい式よりもワイワイ盛り上がれる席の方が楽しめるし、人数を気にしなくても大丈夫ですよ。

親戚は両親に相談しよう

友人や職場は自分達で決めれますが意外に難しいのが親戚ですよね。最後に会ったのいつだっけ?という人も中にはいますよね。自分達ではわかないそこそこの身内のルールというものが意外にあります。結婚式を挙げる会場の広さによって招待出来る人数が変わってしまうので大体どれくたいの人数が呼べるのかを両親に伝え、どの人に来て貰うかは両親にお願いするのも1つの方法です。招待されなかった、と身内でトラブルになるとせっかくのお祝いごとも後味が悪くなってしまうので気を付けましょう。

白金の結婚式場は、他の地域と比較して、ゴージャスなチャペルやレストランなどが備わっていることが特徴です。