家族にありがとうの気持ちを贈りたい!感動演出

魔よけの意味があるベールダウンのセレモニー

挙式を挙げる際に、新婦は新婦の母親から最後の身支度としてベールダウンを行います。魔よけの意味合いがあり、挙式前のセレモニーということもあって、涙腺崩壊してしまう新婦と新婦の母の姿を良く目にします。ありがとうの感謝の気持ちを込めて、最後のセレモニーを是非行ってみて下さい。母は娘へ生まれてきてくれた事への感謝を、娘は母へこれまで育ててくれた事への感謝を、言葉にしなくとも伝わる神聖なセレモニーになります。

サプライズで行う感動の演出!

披露宴で行うケーキ入刀やファーストバイトの後に、ご両親から新郎新婦へ、またはご両親同士結婚当時の気持ちを思い出すようにファーストバイトを行うなどの演出が人気を博しています。また披露宴の途中に、新婦はお色直しの為中座をすると思いますが、中座をする際に一緒に退場をする人を選ぶことが出来ます。その際に、自分の家族や親戚、祖父、祖母などをサプライズで指名する人が多いのですよ。自分の出番はないと油断しているであろう人をサプライズで指名をすると感動してしまいますね。

なんといっても最後の感動のシーンで

挙式披露宴の最後、新婦からご両親へお手紙を読み、ご両親の元へ行き記念品を贈呈します。その際にも感動の演出方法があるのですよ。ウェイトベアと言い、自分たちが生まれた体重のぬいぐるみにご両親のお名前を入れてプレゼントしたり、生まれた体重のお米をプレゼントするなど、生まれた当時を思い出させるような演出が流行っています。こんなに大きく成長して、今日という日を迎えることが出来たのはご両親のお陰です。心からの感謝を伝える演出を取り入れてみませんか。

海も山も臨めるのが神戸の結婚式場の魅力の1つです。海風の中、涼やかな挙式にバルーンリリースは素敵な演出です。